赤ちゃんが泣いた時に役立つ3つの便利グッズ

赤ちゃんは、火が付いたように泣き出すことがあります。ママがあやしても効果なく泣き続けると、どうしたら良いか頭を悩ませてしまいますね。そんな時に便利なグッズを3つ紹介します。


photo credit: IMG_0127 via photopin (license)

1.ベビーカー風鈴

お天気が良ければ、外に連れ出してみませんか?ベビーカーに乗せてお散歩をすれば、風の気持ち良さと、揺れる心地よさで泣き止む赤ちゃんも多くいます。
その時に、ベビーカーに取り付けるおもちゃが赤ちゃんの目を引きます。

ベビーカー風鈴は、太陽の光を受けてキラキラ光り、風に反応してチャイムが鳴ります。取り付けも簡単で電池も不要!
自然の力だけで赤ちゃんを泣き止ませることが出来るのが魅力です。

お散歩で赤ちゃんが泣き止めば、歌を歌ったり景色を眺めて、親子で気持ちがリフレッシュできるのも良いですね。

 

2.けろっとスイッチ

電車やバスで赤ちゃんが泣いた時、周囲の迷惑になるのでは!とお母さんはドキドキハラハラ。そんな時に役立つのがこのグッズ。中には音源が入っており、赤ちゃんが耳に心地よい音楽を数種類流すことができます。
小さくて軽いので持ち運びに便利です。バッグや抱っこ紐に取り付ける事が出来るので、赤ちゃんが落として壊したり、無くす心配もありません。

音が2段階に調節できるため、人混みであれば音を小さくして周囲の迷惑にもなりません。
音楽は赤ちゃんが興味を引くテンポや果音をバランス良く組み込まれています。
音源を取り外せば外カバーを洗う事が出来るのも魅力のひとつです。

 

3.CD

家にいて、食事の支度などの家事に忙しいお母さん。赤ちゃんが泣き止まないけれど、抱っこばかりはしていられない!という事もありますね。
そのような時には、赤ちゃんの興味をひく音流すCDを使ってみましょう。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいた時と同じ波動の音を耳にすることで、安心して泣き止むことが多いと言われています。
有名な物では「ふかふかかふかのうた」「タケモトピアノのCM」があります。他にも、胎内音、ホワイトノイズ、掃除機やドライヤーの音も効果があります。

実際に掃除機ばかりをかけていられない、ドライヤーを使っている状況ではないという方でも大丈夫。インターネットでその音をダウンロードすることが出来ますので、CDに収めて泣き出したら流してみてください。

 

まとめ

泣くのが仕事の赤ちゃん。しかし、泣いても放っておくのは間違いです。赤ちゃんは不快を感じたり、お母さんに訴えたいことがあるから泣くのです。決して気持ちが良い、心地が良い時には泣いたりしません。
赤ちゃんが泣いたらすぐに寄り添って、上手に泣き止ませることが出来れば、お母さんの笑顔も増えます。
そのために、情報に流されて様々な物を無駄に購入せず、本当に効果のあるグッズを使いたいものです。
今回ご紹介した物は、実際に使ったお母さんたちにも高い評価を得ている物ばかりですので、ぜひお試しください!

 



コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ