赤ちゃんにシロップ薬や粉薬を上手に飲ませる方法

赤ちゃんが体調を崩した時、病院に連れて行くことはできても処方された薬を飲ませるのに一苦労するママは大変多いと思います。赤ちゃんにも飲みやすいように甘く作られてはいるものの、濃い味に敏感に反応して嫌がる赤ちゃんは少なくありません。薬は医師の指示通り、正しい量をきちんと飲むことで効果が期待できるものですから、何とか嫌がらせずに飲ませたいものです。赤ちゃん向けに多いシロップ剤、そして粉薬といった形状に応じて工夫できる点をご紹介しますので、参考にしてみてください。

薬
photo credit: Food’s better when you feed yourself – 191 days old via photopin (license)

 

シロップの上手な飲ませ方

味を嫌がらず、そのままの濃度で飲むことができる赤ちゃんには、スプーンで計量して飲ませます。必要量をスプーンに入れたら、吐き出さないように舌の奥の方に流し込むような感覚で飲ませると上手に飲んでくれやすいと思います。一口ずつをスプーンですくって飲ませるのが面倒!こぼれてしまう…という方には、飲ませやすい『らくらくこっくん』という商品がおすすめです。
味を嫌がる場合は、スポイトを使って飲ませましょう。ゆっくり味わわないように、頬の内側に沿わせるように流し込みます。
多くの赤ちゃんは甘いシロップなら喜んで飲んでくれると思いますが、中には人工的な甘さのあるシロップを嫌がる赤ちゃんもいます。その場合は、水で薄めて飲ませましょう。量が増えるため、食後の母乳前に飲ませることをおすすめします。それでも嫌がる時は、赤ちゃんが好むジュースに混ぜて飲ませましょう。

 

粉薬の上手な飲ませ方

粉末の薬は、規定量をそのままの状態でお水またはぬるま湯で飲むことが一番望ましいのですが、口の中で広がり、苦味もあって赤ちゃんには非常に飲みにくい薬です。赤ちゃん用の粉薬は甘く作られている物も多くありますが、味も形状も、嫌う赤ちゃんが非常に多くいます。水と混ぜても溶けにくく、コップに溜まってしまい必要量を飲むことができません。
そこで、水またはぬるま湯を少量だけ混ぜ込み、ペースト状にしたスプーンで飲ませるという方法があります。その際、舌に付けてしまうと苦味を感じるために、頬の内側や上顎に浸けてお水で流し込むという方法が良いでしょう
そのままの味をどうしても嫌がる場合は、ジュースやアイスクリーム、ヨーグルトに混ぜると知らずに飲んでくれることがあります。しかし、混ぜることにより苦みが増す食品もありますので、薬を受け取る際に薬局で聞いてみる必要があります。

 

薬嫌いにならないために・・・

成長と共に次第に上手に薬を飲めるようになりますが、それはまだまだ先のこと。小学生になっても嫌がる子供も多くいます。薬嫌いはなかなか治りません。好きなジュースやアイスに混ぜても、混ざっていることがわかれば嫌がる場合もあります。薬を飲みなさいと強要せず、見ていないところでこっそり混ぜて飲ませるなどの工夫をして上手に飲ませることができるといいですね!

 



コメントを残す

このページの先頭へ