服を汚さずにオムツを替える3つのコツ

新米ママにとって、上手にオムツを替えることが出来ずに服を汚してしまうのは悩みのひとつではないでしょうか。タオルや敷きパッドを使うけれどそれも汚してしまい、洗濯物が増えると忙しさが倍増!何とか上手にオムツを取り替えるコツを知りたい!という方に、わかりやすくご説明します。

オムツ
photo credit: IMG_7449 via photopin (license)

 

1.準備を万端に

スムーズに取り替えるためには、まず準備を万端にしておきましょう。新しいオムツは必ずきちんと広げておきます。オムツはギャザー部分にシワが寄り、折りたたまれた形がついているので手できっちりと伸ばしておきましょう。
お尻拭きは使う枚数を取り出して、さっと使えるように用意しておきます。
ここでワンポイント!
無駄にお尻拭きを取り出してしまうと、経済的負担に関わってきますね。オムツを取り替える前に、横の隙間からウンチかおしっこかを覗いてみてください。おしっこであれば枚数は1~2枚で済みますし、ウンチをしていれば少し多めに用意しておくと無駄を省くことができます。
家の中で取り替える場合は、市販のお尻拭きを1~2枚の他に、古い肌着を10cm角くらいに切った物を数枚用意しておくと便利です。ウンチの時に、大きな汚れをさっと拭き取る事もできますし、市販の濡れたお尻拭きで拭いた後に乾いた布をポンポンと当ててあげることで早く乾燥させることができます。ただ捨てるだけの古着活用することは、無駄なゴミを減らすことにも繋がります。

 

2.取り替える手順

一番大切な取り替える手順は次の通りです。参考にしてみてください。
1. 新しく広げたオムツを、お尻の下に敷く。
2. 汚れたオムツのウエストを開く。(お尻の下からは、まだ外さない。)
3. 利き手と反対の手で赤ちゃんの両足を一度に持ち、高く上げる。
赤ちゃんの体は柔らかいので、背中が見えるくらいぐっと持ち上げても大丈夫です。
4. 大きな汚れを拭き取り、新しいお尻拭きで小さな汚れを丁寧に拭き取ります。使いたお尻拭きは汚れたお尻拭きについているウンチの上に重ねていきます。
5. お尻がキレイになったら汚れたオムツをさっと引き抜くように外します。手前からくるくると丸めるように折りたたみながら外しましょう。
6. 赤ちゃんのお尻は新しいオムツに置きます。しっかり乾かしてから、オムツテープを止めてあげましょう。足が曲がっている赤ちゃんですから、足の付け根の部分にも汗をかいています。しっかり全体を乾かすことがムレの防止になります。

 

3.慌てないで大丈夫

オムツを取り替えることは1日に何度もあること。初めは手間取ると思いますが、次第に慣れてきます。オムツの形状(テープ型・パンツ型)によっても取り替え方は変わってきますが、今回は新米ママの初めてのオムツ替えのために、テープ型でご説明しました。
実は、パンツ型になる頃には子供が大きく手足を動かしたり歩きだしたと、ますます簡単には取り替えさせてくれない!という新たな悩みが生まれてくるでしょう。
いずれにしても、慌てずに落ち着いて、ゆっくり取り替えてあげることが、慣れるコツです。最初は失敗も多くあるかもしれませんが、ママも赤ちゃんと同じく成長します。次第に慣れてくるはずですから、焦らずに取り組みましょう!

 



コメントを残す

このページの先頭へ