バイリンガルに育つ?幼児の英語教育法いつから始めればいい?

英語は小学生の習い事で男女ともに上位を占めるくらい人気があります。

小学校は3年生から英語が必須科目となりますし、英語教育を取入れる幼稚園も多くあります。

将来、子供をバイリンガルに育てようと思うのであれば、幼児期の早いうちからの英語教育をおすすめします。

しかし、その教育法には抑えておきたいポイントがいくつかあります。


photo credit: S-p-e-l-l it out via photopin (license)

0歳から始めよう!

子供の耳は、0歳~3歳に大きく発達します。人は、聞ける言葉しか発音することが出来ません。

赤ちゃんは、お母さんの言葉を毎日耳で聞き、そうして自然と日本語の発音を覚えて行きますね。英語も同じです。

0歳~3歳に英語を耳にしていれば、自然と上手に発音も出来るようになるのです。

また、3歳以降になって突然英語を身に付けさせようと思っても、子供にしてみれば「何を言っているのかわからない=つまらない」という結果に終わってしまいがちです。

ですから、物心が付く前に始めるのが最適だと言えます。

 

毎日、英語に触れさせよう!

幼児期に、上手に英語を発音できるようにさせたいと思うのであれば、毎日英語に触れる=英語を日常の言葉として使うことが必要です。

例え0歳児から通える英語教室があったとしても、週に1~2回の短時間授業では足りません。

お母さんも一緒に勉強し、日常生活の中に英語をどんどん取り入れて行く必要があります。

 

教材の使用は?

様々な英語教材がありますね。インターネットで購入することも出来ますが、どの教材も値段が非常に高いというデメリットがあります。

また、幼児期に使用する教材のほとんどがDVDですから、毎日テレビを見させることになる…というのも、気にするお母さんが多いのではないでしょうか。

高価な教材を購入し、それでしっかり身に付けることが出来るのかと言うと、毎日の子供の体調や、好みの内容であるか、という点にも着目しなくてはなりません。

それはすぐに結果を得ることが出来ない物ですから、高価な教材は、購入の際によく検討した方が良いでしょう。

英語教材の安価なCDやDVDもありますし、図書館やリサイクルでも手に入ります。

スタートを決める前に、まずはお金をかけずに試してみてください。

後々高い買い物で損をした…という後悔を防ぐことができます。

また、インターネットや育児書でよく紹介されるディズニーの英語システムであれば、今は無料でサンプルを取り寄せることが出来ますので、まずはこれを試してお子様の反応を確かめてみるのもいいかもしれません。

ディズニーのかわいいキャラクターで構成されているので、DVDを楽しみながら次第に英語に興味を持つようになります。

 

身近で出来る事

まず、NHK等で放映されている英語番組を毎日見させるという所から始めてみてはいかがでしょう。

1日30分程度の番組を録画して、子供が興味を持つのであれば、何度も見せることでそれが教材となります。

日常的に英語の歌や子供向け英会話のCDを聞かせることも良い方法です。

また、家族が英会話を学び、家の中での英会話を日常化させることが最も良い英語教育法だと言えます。

 

楽しむことが一番大切!

子供に英語教育が必要だと思うお母さんは非常に多くいます。

しかし、必要だからと言って、勉強のように一生懸命教え込もうとすれば、子供が楽しめず、かえって英語嫌いになる可能性も否めません。

教室に通うにしても、教材を使用するにしても、家庭でお母さんが教えるにしても、楽しむことが一番大切だと考えましょう。

楽しい事には興味を持つのが子供です。興味を持てば、どんどん吸収するのが人間です。

あまり固くならずに生活に英語を取入れることで、小学生になった時、「もっと英語を使えるようになりたい!」と、子供自身が英語に積極的になるでしょう。

そのための土台作りことが、幼児期の英語教育です。

 



コメントを残す

このページの先頭へ